本命はタマホームじゃなかった?

スポンサードリンク

ヨーパパが回ったハウスメーカー

最終的にはタマホームに決定したヨーパパですが、 その過程について(ハウスメーカーの選定)記載していきます。

ハウスメーカーその1 地元工務店
(タマホームのライバル その1)


地域雑誌の広告に掲載されていた住宅ローンセミナー。 これがきっかけで、地元工務店とのお付き合いがスタートします。

フラット35にした方がいいのか? 変動金利にした方がいいのか? それとも10年固定にした方がいいのか?

ここではローンの話は割愛して… まずは、土地も決まっていなかったので 別の日にその地元工務店の営業マンと周辺地域の土地を回ることに…

予算は決めている。 総額2000万円! 土地にかけられるお金は500万円

10か所位回るも、全然予算オーバー。 1000万円くらい出せば、いい宅地が買えるのに…

無理は禁物。 即決は避けて、ここはひとまず帰宅。

ハウスメーカーその2 2×4が得意なハウスメーカー 
(タマホームのライバル その2)


確か月刊ハウジングだったかを眺めていると… やはりローコストハウスメーカーに目がいってしまう。

その中でも目を疑ったのが コミコミで1050万円の家!

えっ?

さっそく、アポイントをとり次の休みの日に行くことに…。 愛知県一宮市にあるハウスメーカー。

担当してくださったのは50歳くらいの男性の営業マン。 建築のケの字も知らないヨーパパ。 いきなり、構造体の説明に入った!

無垢材?
集成材?
シロアリの対策?(謀議処理??)
パッキン工法?
ベタ基礎?
天井の高さ?
基礎の高さ?
結露?
地盤改良?
耐震強度?
高気密・高断熱?
Q値?
吹き付け断熱?
ロックウール?グラスウール?
木造在来工法?
ツーバイフォー工法?
メーターモジュール?
尺モジュール?

何がなんだかさっぱりわからない! そして問題の1050万円ってのは 10種類位の間取りから選ぶものだった。

とにかくこのメーカーはツーバイフォーとネオマフォーム(断熱材)とALC(外壁材)が強みらしい。 自由設計にすると、1300万円位になるようだ。 そして火災保険が半額!これも全面に強調してきた!

この説明で分かったような分からないような… とにかく狐につままれたような感覚で1日が終了した。

この時点でまだタマホームとのご縁はない…

⇒⇒⇒ ヨーパパのハウスメーカー選び その2

⇒⇒⇒ ヨーパパの契約~仕様決め

⇒⇒⇒ブログ 入口



スポンサードリンク ⇒⇒⇒ トップページ